イタリア車・フランス車のメンテナンスファクトリー、レッドポイントへようこそ。

工場通信

アルファロメオ ジュリア 納車整備前の検証開始

本日は土曜日、沢山のご来店をありがとうございました。

昨日入庫しました新車、アルファロメオ ジュリアです。
RIMG4039
ご来店されるお客様へのご対応の合間を縫って、ジュリアの各部を探ってみました。

エンジンルーム内であれ?っと思ったのが、クーラントを入れるタンクが2個存在します。
RIMG4053
なんで2個なの?っと思いながら、ラジエタ付近に目を向けると。
RIMG4052
えっ?えぇ~!?
ツインラジエター?
そうなんです。ラジエタが贅沢に2枚も入っていました。
アルファはツインと名の付く事が好きですね。
ツインスパーク・ツインフェザーに続く、ツインラジエターとは。

ちなみに、クーラーコンデサも2枚入っています。
その代わり、ターボのインタークーラは見当たりませんでした。残念!

エアコンガスは、新型ガスが入っています。
RIMG4054
これからの車って感じですね。
当社も1234ガスに対応した機材を用意しないといけないですね。

エンジンルーム全体はこの様な見た目です。
RIMG4059
ストラットハウジングには、補強バーが標準で備わります。
RIMG4057 RIMG4058
純正で補強バーが付いているって、説得力ありますよね。

バッテリーがトランクに配置されていますので、エンジンルームに電源のジャンクションボックス
が存在します。
RIMG4056 RIMG4076

こういった配置の場合、電圧ロスは多く発生します。
ですから、ターミナルの状態やアースの取り方は凄く大切です。
RIMG4061
なのですが、エンジンルーム側のメインアースはかなり寂しそうでした。

この辺りはStage-1メンテナンスでしっかりと整えます。

シャーシは剛性の高そうな構造です。
軽量化の為にアルミパーツが惜しげもなく多用されています。
RIMG4060
縦置きエンジン・縦置きトランスミッション、THE FR!ですね。

ステアリングラックは前方配置です。
RIMG4066

タイヤサイズは前後で異なります。
RIMG4067 RIMG4068
フロント:225/45-18
リヤ:255/40-18
タイヤのサイズ設定は、グレードにより異なります。
今回のジュリアは、ジュリアスーパーですので前後異なりますが、ヴェローチェは
前後ともに 225/45-18なのです。
スタンダードジュリアは、前後共に 225/50-17です。

最強バージョンのクワドリフォリオは
フロント:245/35-19
リヤ:285/30-19
凄いサイズですね。

こういったグレードによるタイヤサイズの違いって、車造りを本気で行っている意気込みを感じられて
素敵だと思います。

空気圧監視は、センサータイプですね。
RIMG4069

最近は大きなブレーキに見慣れたせいか、ちょっと小振りにも見えてしまうフロントブレーキです。
RIMG4072 RIMG4071
ローター外径は 305mm
キャリパは、色こそシックですが、モノブロックで良質な物が装着されています。

今後、ブレーキパッドも考えたいです。

診断機がどの程度診れるのかもチェックします。
RIMG4080 RIMG4081
かなり細かい箇所まで通信が可能でした。

ブレーキに関しては、温度やディスクの磨耗まで数値化されるみたいです。
RIMG4083 RIMG4082

非常に出来の良い車である事が分かりました。

なのですが、バッテリー周囲の環境...
RIMG4087 RIMG4086 RIMG4088
ここに関しては、従来の物が引き継がれています。

来週より整備を開始します。