イタリア車・フランス車のメンテナンスファクトリー、レッドポイントへようこそ。

工場通信

ルーテシア3RSのピロアッパーマウントや、アップライトの交換

足回りに不具合を感じるため、整備のついでにストラットアッパーマウントをピロボール化します。

まずは現状の違和感が何なのか?です。
低速走行時にステアリングを大きく切り込むと「ゴクン」という違和感を感じます。
稀に異音も発します。

点検を進める中で、思った以上のガタつきを確認出来ました。
ダブルアクスルストラットの中央部 アップライト部です。
IMG_2736-ANIMATION
「画像をクリックすると、ガタをアニメーションで確認出来ます。」

そうなんです。ココ弱いのですよ。
今回の車両は、2014年に左側を交換した車両そのものです。
今回は右側の作業を行っています。

今回はお楽しみもプラスします。
ピロアッパー化して、ステアリングフィーリングを向上させます。
キャンバー角の調整も可能になります。
IMG_2746
スプリングアッパーシートや、カラーは当社のストック分のオリジナル品で
装着が可能でした。

ここの調整でキャンバー角を調整します。
IMG_2747

アップライトの新品です。
アルミが非常にキレイです。
IMG_2751

よく見ると。
IMG_2750
「ん?ブレンボマーク?」
この部分もブレンボ社が制作しているのでしょうか?
確かにキャリパーはブレンボです。

分解の手順が通常のストラットよりも複雑です。
IMG_2752 IMG_2753
反対側のアッパーマウントの組み替えを行い、4輪アライメントで仕上げます。