イタリア車・フランス車のメンテナンスファクトリー、レッドポイントへようこそ。

工場通信

当社では珍しいRSでは無いルーテシア3の一般メンテナンスです

ご新規のお客様のルーテシア3です。
お預かりの前にお車を拝見させていただき、その後お見積もりと打ち合わせを行いました。

作業方針が決まった為、今回は車検整備と当社の基本整備をご依頼頂きました。
IMG_0151
走行距離が少なく、コンディションもそこそこ良い状態でした。
ですが、お客様は買い換えを視野に入れての乗り続けるか否か、お悩みでした。
基本整備でしっかりとリセットし、安心してお乗り頂ける状態にします。

永年の使用課程に付着したほこり・油汚れ・泥などを徹底的に洗浄する事で
美観を取り戻したのは、お客様が自身では行えないアンダーフロワや
タイヤハウスそしてエンジンルームです。
IMG_0181 IMG_0185
IMG_0149
いかがでしょう。新車より綺麗に出来る場合もあります。

これらはスチーム洗浄と、その後行うアンダーフロワケア作業により実現します。

毎度のことですが、バッテリターミナルの交換及びケーブルの改善は必須です。
IMG_0147 IMG_0144
これらはステージ1メンテナンスにより、改善します。

今回はオイル漏れの発覚した、サーモスタットの交換も行います。
この年式のルノーは、クーラントライン制御用のサーモスタットに、エンジンオイルの流れる
部屋があるため、オイル漏れが発生しやすいです。
IMG_0173
ガスケットの質が合わないのか、樹脂部品の変形なのか、微量な漏れから始まります。

その作業の際に気付きました。
IMG_0168
エンジンクランク角度センサの配線です。
保護被服の無くなった状態で、金属部品のすぐそばを通っていました。
エンジンには常に振動を発していますので、走行課程で被服が擦りむけたら大変です。
対策しておきました。

バッテリを外すと、バッテリトレーの汚いこと!
IMG_0166
こういう状況の部品も、常々洗浄しながら作業を進めています。
IMG_0170
綺麗になりましたでしょ?

タイヤが非常に古く、ひび割れも多いです。
IMG_0156 IMG_0157
「1911」と記載があります。
コレはタイヤの製造年と、製造週を表します。
2011年の19週目に製造されたタイヤです。
消費期限切れですね。

と、いうわけでミシュランで新調します。
IMG_0162
この製造表記を、当社では数値の揃った状態で手配しています(可能な場合は)。
タイヤの製造ロットを揃えること、これは製造ムラによるタイヤ性能の不均一化をなくすためです。

当社の工場通信は、チューニングネタが多い気もしますが、ごく一般の方のお車を
真面目に取り組む作業の方が実は多いです。

あの店に行くと、なんだか車をイジる事薦められそうでいやだわ~って言わずに
何なりとご相談下さい。