イタリア車・フランス車のメンテナンスファクトリー、レッドポイントへようこそ。

工場通信

クラッチトラブルにつき、急患作業です。

ある朝突然、エンジンの始動と共に「キャーーーーッ」という悲鳴をあげたとの事です。
お電話で音の発生周期やタイミングを伺う限り、クラッチベアリングが破損した可能性が高いです。

急患でしたので、優先順位は下げさせて頂きましたが、何とか作業を行います。
IMG_1693
トランスミッションを降ろしてみると。
IMG_1689 IMG_1690
予想は的中でした。
ベアリングがベアリングでは無くなっています。

相当な熱を発したのでしょう。
ベアリングの根元に備わるプラスチックパーツは溶けてご覧の通り。
IMG_1701
レリーズガイド部に溶着していました。
この部分の本来の姿はこんな感じ。
IMG_1702
ここに取り付けます。
IMG_1703

クランクシールもわずかですが、オイル漏れを確認しました。
IMG_1697
オイル漏れの有無にかかわらず、交換しています。
IMG_1699

フライホイールのボルトを交換し、トルク管理と角度管理で締め付けます。
IMG_1700
当社のフライホイールも装着可能な車両ですが、今回は交換を行わずに
清掃して、再使用です。

クラッチ一式の交換を行い、組み付けます。
IMG_1695