イタリア車・フランス車のメンテナンスファクトリー、レッドポイントへようこそ。

工場通信

CLIO3RS ASNUインジェクタクリーナによるノズルの作業を行います

ステージ3メンテナンス同時進行のクリオ3は、タイミングベルトの各部分解に合わせて
インジェクタノズルのメンテナンスも行っています。
IMG_1088
ノズルのリーチが長い物が使われています。
クリオ2とメガーヌ2はショートリーチですが、クリオ3とメガーヌ3はロングリーチと
なります。
こういう見えない箇所の仕様変更は、触る側に何かを知らせている気がしてなりません。

F4Rというエンジンをルノースポールは永きに渡り使用していまして、基本設計はそのままに
各部の改善により、エンジン出力をどんどん上げています。
ロングリーチ化、そこにはどんな狙いが込められているのでしょうね。

ノズルを外したホール内部は、スラッジ汚れが蓄積されていました。
インテークポート内や、インテークバルブもおそらく汚れが多い事が想像できます。
IMG_1089

ASNUを用いた、スプレーパターンの点検です。
IMG_1091 IMG_1090
ノズル先端のホール数が10ホール化されたクリオ3のノズル。
クリオ2はもっとホール数は少なかった様に思えます。
ホール多数化は、スプレーの噴霧による霧化がうまく行え、燃焼効率の改善に貢献します。

超音波洗浄を行います。
IMG_1095
洗浄開始後しばらくすると、ノズル上部より洗浄液がフローしてきます。
IMG_1097
洗浄液の洗浄効果と、超音波の微振動、そこにノズルの開閉運動が加わると
本来は吐出する先端より、液を吸い上げ、汚れを上部より戻していきます。

そして、30分のクリーニングが終わると、バスタブの中は真っ黒に。
IMG_1100
汚れの除去を確認できます。

噴霧量のチェックを行うことも可能です。
IMG_1093
IMG_1092

キャブレタエンジンのころに、ジェット調整や、清掃を行うと調子が良くなったのと同じで

インジェクタノズルも定期的な点検・洗浄を行うことでベストを保てます。

なお、ステージ3メンテナンスには、これらの作業が含まれています。