イタリア車・フランス車のメンテナンスファクトリー、レッドポイントへようこそ。

工場通信

ルーテシアやクリオのレブリミットについて、意外と知られていない事

先日、お客様との会話で改めて気づいたことをご紹介します。

ルーテシアRSや、クリオRSレブリミットについて。
これは2も3も同様です。
IMG_1621

レブリミットが、なんかいつも変わる気がするとの事でした。

これは気のせいでは無く、事実です。

なぜなら、純正ECUの制御により、水温が完全暖気を完了するまではレブリミットを下げる
設定となっているからです。
正確な数値は覚えていませんが、確か水温が70数度付近までは6800回転で頭打ちとなり
80度以上くらいでは7600回転ほどまでレブリミットが上がる様に設定されています。
IMG_1622

問題はここからです。
試しにお客様の車両を試運転したところ、なるほどっと思える状況を確認できました。

サーモスタット制御不良による、オーバークール現象が起きています。

アイドリング放置で90度まで水温を上げても、巡航速度で少し走るだけで
水温系の針が70度までみるみる下がります。
IMG_1625
サーモスタットが開き放しですね。おそらく。

思わぬところで、お客様の車の不具合を見つけられて良かったです。

サーキットでのタイムに直結しそうな小話でした。

ルノースポールなお客様方、一度水温の安定感をご確認くださいね。