イタリア車・フランス車のメンテナンスファクトリー、レッドポイントへようこそ。

工場通信

ラジエーター屋さんの仕事

ローバーミニの水回り整備を行っています。
1000ccミニの場合、今っぽい言い方をすると、秒で外せるのですが。
1300ccインジェクションとなると、そういう訳にはいきません。
IMG_2050 (1)
黄色のプロペラ2枚の間にラジエタが納まります。
狭いので、手が痛いです。

現代の車の場合、ラジエタ不良となるとアセンブリー交換が主ですが、
この頃のラジエタはコア数指定で作り替えることが可能なのです。
IMG_2051

ラジエタ屋さんは、当社の近くにもあり、永年お世話になっています。
アセンブリー交換が主となった現代、このように新規製作を行う作業は
激減してしまいました。

なんだか悲しい現実です。

少し頑固で、口数少なく、まさに職人さん!っと呼ぶにふさわしい方が
手がけてくれています。

仕事も綺麗で、丁寧です。
IMG_2053 IMG_2052
本来は3コアラジエタなのですが、ミニの場合はコア数よりも風抜きを重視
したいので、2コアで新規作成しました。