イタリア車・フランス車のメンテナンスファクトリー、レッドポイントへようこそ。

工場通信

プジョー308ブレーキがやばいです!!

各部メンテナンスでお預かり中の308のブレーキがとても危険な状態になっていました。

B91D20FD-7B99-4B84-8F52-CE4C142E78AB

98D02057-811E-4725-AEB0-B4616F4C67C7

覗いてみてもブレーキパッドの残量が全くありません。

2FDB4F6B-5A5C-4AD7-A522-F0A527848138

1ミリを切る厚さまで消耗していました。

7D568896-6D7F-4C33-939A-8F6FA544BD71

当然ブレーキローターも消耗し、縁には大きな段差が出来ていましたのでパッドとローターセットで新品交換させていただきます。

42AE7C06-B0F3-4C81-991B-5CCAA496BF03

新品のブレーキパッドとの厚さの比較。

よくぞここまで使い切ったと言えるレベルです。

なんとかもってギリギリセーフだね、なんて思ってはいけません。

これだけパッドが消耗しているという事は、ブレーキピストンも大きく出た状態となり制動がかかった際にピストンに変な力が加わりピストン自体を痛める危険性や、薄いパッドではブレーキをかけた際に発生する熱がキャリパーに伝わりやすくなり、熱害にてキャリパーシールを傷める危険性も高まります。

まだ数ミリ残っているのに勿体ない、と言う考えはとても危険です。

なので余裕をもった交換をおすすめしています。

80C341E2-BFF5-4400-AD4A-10933963733B

フローティング部の点検&清掃です、右が清掃前で左が清掃後、段付き消耗なども無く問題ありません。

226ABA1D-EEE1-4BBC-A46D-AD751CFE48C7

しっかりとグリスアップして組み付けます。

F0CE71B8-9D81-4CE8-A13C-3E2D792DF1AC

B9D3EA61-64FF-4558-A76F-BBE336051778

交換完了。

本来の姿に戻りました、これで安心して整備をすすめていけます。