イタリア車・フランス車のメンテナンスファクトリー、レッドポイントへようこそ。

工場通信

プジョー106のシフト不良

法定点検での入庫のプジョー106S16は、シフト操作に違和感が感じられます。操作を行うシフトレバー付近の不具合かと、確認したところ問題無く、エンジンルーム内のコントロールリーターンのブッシュが破損しておりました。

メーカー生産終了の部品と成りますが、部品庫の在庫を確認すると最後の一個が見つかり、早々に交換、本来のシフトフィーリングを取り戻しました。今後の事を考えると、ちょっと不安になります。安価にリビルト出来る方法でも考えます。

IMG_8741

IMG_8744

IMG_8743

IMG_8746