イタリア車・フランス車のメンテナンスファクトリー、レッドポイントへようこそ。

工場通信

KIZM TEC エキゾーストをジュリエッタ1750に装着です

IMG_6510
ジュリエッタQVのマフラーを交換しました。
KIZM TECと言うブランドです。
国内生産品の様で、出来映えも良く、面倒な位置合わせにてこずる事も無く装着完了!

センターパイプ~テールサイレンサまでがセットになっています。
装着前は、サイレンサーが小さくなる為、うわ~音量大きいんじゃない。。?
てな具合に不安でしたが、実際のところは全くそんな事は無く、良い音を奏でます。

最近のダウンサイジングターボエンジンのマフラーサウンドはゲロゲロ系になる事が
多いですが、今回の製品は非常にジェントルです。

テールサイレンサのタイコ部から2本に分割される形状でして、サウンドだけで無く
性能面への拘りも感じられます。
IMG_6506
サイレンサー小さいですよね。
溶接や素材も美しいです。

センターサイレンサーも綺麗でコンパクトです。
IMG_6509
IMG_6507
安心の車検対応マフラーです。

IMG_9471 IMG_9472

当社でもサウンドデータを撮ってみました。

高回転まで回していませんが、アイドリング~3000rpm.までは程よいスポーティサウンドです。
ターボエンジンのエキゾーストサウンドはNAと違う点があります。
NAの場合はブリッピングのサウンドがそのまま走行中も聞こえます。
ターボの場合、ブリッピングでタービンは殆ど回らないので、停車中のサウンドは
参考にはならず、ブーストがかかって本気走りをするときに最大限の音量を発します。

なので、実走行するともっと迫力のサウンドを放つのでしょうね!

クルマあそびは楽しいですね!