イタリア車・フランス車のメンテナンスファクトリー、レッドポイントへようこそ。

工場通信

106のエバポレータークリーン

エアコンから出てくる風がカビ臭い・生臭いと感じることなどありませんか?

その原因の多くはエアコンユニット内にあるエバポレータと呼ばれる冷えの熱交換器に発生した雑菌やカビが、そこを通過してくるブロアファンの風によって車内に運ばれてくることによって臭うのです。

というわけで臭いの発生源をキレイにしてあげれば万事解決。

エバポレータのクリーニング作業を行います。

7F88A28E-2A6E-4B50-8044-25501A495CF2

106は車両をジャッキアップしての他の作業の合間にエアバポレーターの洗浄を行いました

7DB458CD-9A44-4201-9E7E-EFA2769266BE

専用の洗浄液と噴霧器を使って作業を行います

298604B8-2143-4858-B0D7-AD45D990E9A2

106のエバポレータはグローブボックスの奥のエアコンユニット内部にあります。どこか洗浄液の噴霧するのにちょうどよい場所は無いかと探してみると

46FB5367-A079-45B8-9154-1A0E87A6730A

大きなグロメットを外した奥にエバポレーターを発見です

D3C54F45-4220-4DFF-A35B-A40D4E76FF81

噴霧ノズルを差し込み洗浄液をエバポレーターに向けて直接噴霧します

272652BE-B2EC-4610-8D1E-61D7B5D47493

エアコンドレンホースから汚れと共に洗浄液が流れ出きってしまえば作業完了です。

車両お預けの際のプラスアルファの整備として、気になる方はご用命ください。