イタリア車・フランス車のメンテナンスファクトリー、レッドポイントへようこそ。

工場通信

695マセラティ本日はアライメントで各部の骨盤矯正 695-Part.3

IMG_6619
順調進行中な695マセラティです。
本日は問題を抱える諸々な点を正すため、4輪トータルアライメントの施工です。と、その前に現状のエアープレッシャチェックと窒素ガスへの入れ替えを行います。現状のエアー圧を知ることはとても大切な要素です。エアーの圧力1つでSDLのテスト結果は大きく変わりますので、新調にチェックと調整を行います。点検の結果、意外な結果が現れました。右リヤの圧力が異常に低い!
IMG_6620
エアー漏れ。。。起きてそうです。
タイヤをくまなくチェックしていると。
IMG_6621
ほそ~い何かが刺さっていました。抜いてはみるものの、短く奥までは貫通していなさそうな物でした。ひとまず場所だけはマーキングしてお預かりの期間中に観察します。

専用の台の上に車両を載せ、各タイヤへのセンサーをセットします。
IMG_6631

昨日発覚した、左右のリヤホイール出面問題。ここについて入念に調整も行いました。
IMG_6635
リジカラが入っていると、左右差が起きる原因にもなるので、入っていたら抜いてしまおう。っと意気込んで見てみるも。。入っていませんでした。サブフレームの付け根部分を全体に動かし、アライメント寸法上の軸を合わせていきます。
IMG_6636 IMG_6637
アライメントの数値では、タイヤのツライチチェックまではしてくれませんので、アナログな方法でその部分を点検します。

セットバック値をピタリと合わせ、その他の部分も気持ちよく走れそうなスペックに整え無事に作業を終えました。
IMG_6633

前後共に良い感じのツライチに。
IMG_6629
フロント:5mm
リヤ:11.5mm
それぞれに必要な長さのロングボルトも装着済みです。