イタリア車・フランス車のメンテナンスファクトリー、レッドポイントへようこそ。

工場通信

低ダストパッド装着車のブレーキメンテナンス

F134F817-80B5-4C39-911D-1DD830583B6C

車検でお預かり中のアルファロメオGTの整備をすすめています。

新車時から見させていただいているこちらの車両の現在の走行距離はすでに12万キロを超えていますが、定期的なメンテナンスを行っていることもあり車検で問題となるような大きなトラブル個所も見あたりません。

今回行うメンテナンスはそんな12万キロの走行を支え続けたブレーキパッドのメンテナンスをおこないます。

07418171-3054-4F54-A5C3-376A20BD0D28

こちらの車両には新車時に低ダストパッドを装着したのですが、低ダスト・長寿命であるブレーキパッドは12万キロを走行してきた現在でも半分以上の残量が残っています。

そこで心配されるのが消耗しないが故に起きるブレーキトラブル。

ノーマルブレーキパッドでは3~4万キロほどで交換が必要となり、キャリパーを外し各部のグリスアップやピストンの動きの確認、キャリパーシール破れやオイル漏れの確認を行うのですが、低ダストパッドが長寿命な故にこういった確認は出来ていません。

という訳でパブレーキパッドの交換せずにブレーキキャリパーを外しての点検を行います。

BD02EA7D-78E0-4031-90F0-2CDB3B593012

12万キロ走行してもこの残量。長寿命に驚きです。

 

29B6F09A-D710-4AEB-98B2-3FD9B1BD46B0DF1EAAB9-2676-47E8-AB3C-618CB4F4125C

6FA3D3F6-517E-4D0A-83A8-3D1E0E0D9078

パッドを外したらベルトサンダーで面取りを行いグリスアップして組付けます

F280A7BD-A45D-4CA9-927E-E5A39A2310B0

フローティング部もしっかり点検。問題無ですのでグリスアップして組付け。

E0817475-BC36-4CD2-BC5E-A0044139EFBD

こちらはリヤキャリパーですがキャリパーピストンを戻して固着や動きのチェック。シールの破れやブレーキオイル漏れもなく問題なしです

E73E02F9-3BAA-41F2-9C98-9B09F2BE46D8

キャリパーを外したついでに、錆びたローターも化粧直ししておきます。

84F0DECF-E242-43FF-9BA0-62AD24E5469D

31643693-620E-4E24-802A-0D25B5207B8C

心配された固着などもなく前後ともリフレッシュ完了。

ホイールをを外す際に気になったホイールボルトの錆も

2580EA6D-D518-47DB-9246-3A1EB45A04A6

B8E4596D-3D96-4EC3-9AD0-F862D257F6DE

簡易的ですがさらっとキレイにしてみました。

45D3ACD1-29C6-42A8-9C47-34B3A5BD8D8B

作業完了後のホイール周りは錆も消えすっきりキレイな感じに仕上がりです。

 

以上、長寿命ならでは低ダストパッド装着車ならではのブレーキメンテナンスでした。