イタリア車・フランス車のメンテナンスファクトリー、レッドポイントへようこそ。

工場通信

アルピーヌの足回り整いました。

走りに拘る、A110のサスペションの調整を進めました。スペシャルなシャーシに組まれたスペシャルなサスペションが最高のパフォーマンスを提供出来るセッティングを試みます。

フロントフード内のトランクケースを外すと足回りの一部が見えてきます。足回り構成部品を下廻りからだけで無く、フード内のショックアッパー部も確認、ブッシュのストレスレスと増し締めも行います。バッテリーにアクセスしやすいので、バッテリーテスト・充電廻りのテストも行います。
ガソリンタンク横には、フューエルフィルターが望めます。基本整備時には、コマ目に交換したい所ですね。

IMG_0377

IMG_0378

IMG_0343

車高が低いため、リヤのオーバーハング・ディフューザーがセンサーを遮断してしまい、一癖有り。克服案にて作業継続出来ました。

IMG_0341

IMG_0349

各部の調整作業が終わり、SDLテストにて再点検。

IMG_0385

IMG_0384

IMG_0381

IMG_0383

これで、タイヤが良く転がる事は、間違い有りません。スペシャルなサスペションと相まって良い結果に結び付けば良いです。