イタリア車・フランス車のメンテナンスファクトリー、レッドポイントへようこそ。

工場通信

アルファロメオ・スパイダーヴェローチェは足廻りの作業も行います。

IMG_8662
エンジン廻りが良い感じに仕上がりましたので、続いては足廻りやハンドル廻りの整備も行います。

ステアリング系統の構造が現代の車とは異なり、複雑です。部品の点数とジョイントが多く、故にガタつきの発生しやすいのです。
IMG_8561
まずは部品組み替えの為に分解を行います。
IMG_8565
ハブベアリングの交換も行います。ハブベアリングは、センターナットがトルク締め切りタイプでは無く、プリロード調整式です。
IMG_8568
なのでナットに緩み止めの割ピンが入っています。

ベアリングが内部シャフトに固着し、スムーズに外れてきません。
IMG_8570
プーラーを用いて取り外します。
IMG_8571 IMG_8572
IMG_8573
アッパーアームと、テンションロッドも交換します。
IMG_8575
IMG_8579
アッパーアームの標準ブッシュは隙間が大きく、グニャグニャとした印象ですので、新品ブッシュは抜き捨ててしまい、強化品に交換しました。

ブレーキのホースの交換です。
IMG_8580
この頃の車は、ラバーホースの内部痛みが発生しやすく、油圧の行き来に妨げをきたす事が多いです。油圧の戻りが悪くなり、引きづり気味になります。

IMG_8581
左右共に同様の作業を行います。

ハンドルボックスのアイドラアームは、軸のガタが出やすく、対策品に交換します。
IMG_8719
純正は内径加工されたブッシュですので、作動に合せてすり減ってきます。

ここに、ボールベアリングの組み込まれた物に変更です。
IMG_8720
動きが滑らかで、耐久性も高く、良いパーツです。
センターリンク右 センターリンク左
タイロッドやセンターリンクも一斉に交換を行います。
このあたりは、過去に施された整備や、新車時の組み付けの違いなども発生している事が多く、組替え後の調整作業の難航する場所です。スムーズなハンドリングに直結する箇所だけに仕上げの調整はしっかりと行う必要があります。