イタリア車・フランス車のメンテナンスファクトリー、レッドポイントへようこそ。

工場通信

ご新規様の車両点検です あんな事やこんな事が発見できました

これから当社でのメンテナンスをご検討される方に向けて、ご新規様の車両点検を行っています。
点検内容は多岐に及ぶ為、半日ほどのお預かりをさせて頂き、施工しています。

これから必要になる整備を、お客様と当社とで情報共有することで、
最善の整備をご提案できる様になると考えています。

今回も、点検の結果色々な事が見えてきました。
20191113140747_00001
サスペンションテストによって、浮き彫りになったのは路面粘着率の左右差です。
車両は、ルーテシア3RSです。
以前の結果と同じ事が起きていそうです。
ストラットアッパーマウントの劣化が原因です。

お客様との試運転において、右前のサスペンションの違和感を指摘させて頂いたのですが
結果がずばりと右前の不具合でした。

細かいことですが、リンクロッドのワッシャの入る位置に誤りがありました。
IMG_1848
見慣れていないと、見落とす内容です。

バッテリケースのフタの納まりが悪いなと思ったら。
IMG_1858
バッテリの背が高いことが原因でした。
IMG_1857
バッテリテスタで、充電回路の点検も行います。
IMG_1856

クーラントタンクが、定位置から外れていました。
IMG_1867

バンパー内部からささるピンの欠損が原因です。
IMG_1868

きっちりと取り付けておきました。
IMG_1869

エンジンルームを見ていると、んん?な箇所が!
IMG_1859
バキュームホースのささる部分が放し飼い状態に。。。
ちなみに、ここはインマニ負圧が掛かる場所です。
2次エアーを吸ってしまい、希薄燃焼となります。危険です。

ホースを探してみると。
IMG_1860
なんだか、下の方へと紛れ込んでいます。

マジックハンドでなんとか出してこれました。
IMG_1861
きちんと元通りに取り付けます。
IMG_1863

差し込んだ瞬間、アイドリングが非常に乱れました。
長期的に、エアー吸いの状態で走っていた事で、ECUの補正がかかり燃調が濃い方向に
なっていた為、ホースの取付の瞬間に異常にガスが濃い状態となったというわけです。

これだけで、エンジンの調子はかなり良くなったはず。

点検はすごく大切です。

Written by Hashimoto