イタリア車・フランス車のメンテナンスファクトリー、レッドポイントへようこそ。

工場通信

プジョー106S16 シフトリンク系統のリペアを行います

2019/08/28 | プジョー取付概要関連

IMG_9367
106S16がシフト操作不能のトラブルでレッカー入庫となりました。最近の車のシフト操作メカニズムはワイヤ式で有る事が多いですが、106の場合はロッドチェンジ式ですので可動部が数点ある機構となる為、状態によっては関節が外れてしまいます。

IMG_9360
リンク機構の中で、純正供給の終了してしまった部品があります。「コントロールリターン」と呼ぶパーツですが重要な部品の一つです。悪くなる箇所は軸部のシャフトです。この部分は樹脂製のブッシュで摺動を円滑に行っているのですが、永年の使用で軸部にガタが生じます。

この部分が治れば、新品部品がひとまずは不要になります。
なのでオリジナルで製作しています。
IMG_9359
リペアパーツは、シャフト・樹脂ベアリングX2 の構成です。

純正のシャフトを抜き取り、組替えます。
IMG_9361 IMG_9362

IMG_9363
上下をEクリップで固定すれば完成です。

今回外れてしまったリンクロッドも含め、操作系統の部品を全て一新しました。
IMG_9364

IMG_9368
走行距離は約13万キロ まだまだいけます!

Written by Hashimoto