イタリア車・フランス車のメンテナンスファクトリー、レッドポイントへようこそ。

工場通信

アバルト595 ブレーキメンテナンス

DEDADCFA-E61C-4F57-8CE3-C7AD6570DFB2

車検でお預かりしていますアバルト595はスチーム洗車とあわせてブレーキパッド&ローターの交換を行いました

B1C610C4-EAE2-42C5-8D97-0DE0F832A4BE

408CCA07-19A2-4CD8-B687-D0D3B98C888B

スチーム洗車前の状態は汚れが目立ちます

414D4216-9DDD-4685-B9F3-2A3F559624B4

5BFD46E1-B0A1-4B90-A0FA-41AFBE78B627

5CB5F730-3D52-4300-B0DC-C2AC6C2E51D0

スチーム洗車機も使いつつ洗剤とスポンジも使ってしっかり汚れを落としていくと

4E34EF29-A273-47B8-9DE7-D4F458BECDD9

DCACE5E9-614C-4AB4-89C8-C5543030DCFE

かなりきれいになりました

今回はブレーキパッド&とローターの交換がありますのでタイヤが外れた状態のうちに作業を行います

74BF9CEC-F415-40A3-BB1D-20ECAA9AE7D3

今回はフロントローターはスリット入り、ブレーキパッドはSessAプラスを前後とも交換します

1A96B220-8878-4BBF-9B57-627C5B25079A

交換前のフロントブレーキです。純正でドリルドローターが装着されています

外から見る分にはそれほど消耗など異変は見られませんが

E32F2DC7-C00B-43D2-9EE3-882B98DFAD15

A90AAE1A-70DE-453F-A2B0-E02D2197686B

外したローターの裏側は錆と共に表面がかなり荒れた状態になっています

C03C0D10-8DBE-41C6-9EFC-5BF9AEFF2DD2

当然それを受け止めるブレーキパッドも荒れた状態に消耗していました

D1FFB8EB-9E96-4020-A25F-61BB33C97949

フローティング部の点検とグリスアップも行いつつ交換を進めます

AD08F066-9275-4721-AA3D-1826C323989B

FAD5800F-EA94-4E2A-965E-A3D92FBA9BF9

パッド&ローター交換完了です

C21DA675-58A0-496D-AFCC-00CE35DE9260

60624A17-1769-4533-A637-1B97918A7232

仕上げにブレーキフルードの交換を行い作業完了です

ドリルドローター装着車にお乗りの方は同様のローターのコンディションの悪化が考えられますので消耗以外の状態変化もしっかり確認下さい。