イタリア車・フランス車のメンテナンスファクトリー、レッドポイントへようこそ。

工場通信

MSA 4気筒独立コイル用 各車種用完成!の一歩手前。

2014/05/28 | MSA

CIMG8876
いよいよカタチになってきました。

お待ちいただいている方、お待たせしております。
本格的なデリバリー開始は、6月2日頃を予定しています。
既にご予約を頂いていますお客様には、順次ご連絡を入れさせて頂きます。
初回入荷予定数は 10SET です。お早めに!

4気筒独立コイル用(以下:4chと表記します)MSAは、これまでのケースでは無く、少し大きめの専用を
用意しました。従来のケースには内部回路が納まり切りませんので、専用品をご用意する事となりました。

この4chMSAは、これまでにリリースしてきたモデルと何が違うのか?をご説明しますね。

と、その前に既に発売が開始されているMSA(2ch)シリーズを整理しましょう。

ルノー&フィアット用 MSA

プジョー&シトロエン用MSA

ツインエアー用 MSA

対応車種は全てをリストアップできていませんが、独立コイル装着車以外は、殆んどの当社の取り扱い車種が
装着可能な体制をご用意できています。

そして、今回発売される4chMSA、これは従来の2chモデルと比較すると、内部の構成部品は2倍の量が必要です。
イグニッションコイル1個につき、ひとつのプログラム回路が必要となる為です。

2chMSAは、4気筒用コイルでありながら、イグニッションコイルは2個で制御されている物に適合しています。
例えるならば、106s16の様に1体型コイルの中には、2個のコイルが内蔵されているという意味です。
206のRCと、チンクの1.2Lは1体型コイルに4個のコイルが内蔵されています。(配線数は5~6本となります)
ここが、見分け方のポイントとなります。

コイルに入力される配線の本数が、4本以内ならば2chMSAが適合し、4本以上の本数が入る、もしくはコイルがそれぞれの
プラグに1本づつ装着されている場合は4chMSAが適合する、という事になります。

ご自身での見分け方は難しいと思いますから、装着をご検討される方はお問い合わせ下さいね。

気になるお値段です。
中身が倍、専用プログラム、そして専用ケース という贅沢な内容となっていますから単純計算なら 2chMSAの2倍の価格となります。
そうすると、54000円や58000円の倍...108000円や116000円と強烈な価格となります。
え~っ!なんて声が聞こえそうですので、頑張って抑えました。

4気筒独立コイル用MSA ¥89500-(税抜き)です。

適合車種は
アルファロメオ:ミト(All Model) ジュリエッタ(All Model) 147.156(ツインスパーク車)
JTSエンジン搭載車には現在のところ適合していません。今後の展開となります。

フィアット:500(ツインエアーを除くAll Model)・グランデプント(All Model)
パンダ2 100HP

バルケッタ・プントHGTは現在のところ適合していません。今後の展開となります。
ムルティプラやプントELX・パンダ1・パンダ2(1.2L)・チンクチェントスポルティングは2chMSAでOKです。

ランチア:イプシロン2(1.4L搭載車)
デルタ系には現在のところ適合していません。今後の展開となります。
イプシロン1は2chMSAでOKです。

プジョー:206RC・306N5 S16・ 1.6THP搭載車輌(All Model) ・1.6L NA搭載車輌(All Model)

シトロエン:C4VTS系エンジン搭載車輌・1.6THP搭載車輌(All Model) ・1.6L NA搭載車輌(All Model)

上記掲載外の車種で、オレの車にはOK?という質問もお待ちしています。

CIMG8835 CIMG8837

最終チェックは、当社のジュリエッタにて確認を行いました。
いよいよですね~、楽しみになってきました!