イタリア車・フランス車のメンテナンスファクトリー、レッドポイントへようこそ。

工場通信

ブレンボキャリパ装着車両のブレーキメンテナンス

4620693218522410041.80f79472ee9a600c33bd8b55debf7417.19120709
車検整備でのお預かり中のアルファロメオミトQVの、ブレーキメンテナンスを作業中です。今回のメニューは、前後のブレーキパッド&ディスクロータの交換です。ブレーキパッドは定評のSessA製を用います。ディスクロータは、DIXCEL のSD(スリット入り)で機能性・ダストレス・見た目の格好良さをバランス良く上げていきます。

ディスクロータを外し、取付面のフランジ清掃はとても大切です。
4620693218522410041.24d3980f91cd0613a005087ef309ec28.19120709
荒れた表面をリセットし、新たなディスクを取り付けることで接触面積が増え、長い目で見た場合のディスクの振れ予防にも繋がります。また、放熱性も向上します。

美しく仕上げたハブに新品のディスクロータを取付け、パッドグリスの塗布後にSessAブレーキパッドを取り付けます。
4620693218522410041.b90f9267b05c191f572426d6f7a59cb4.19120709 (1)
驚くほどの低ダストかつ、ロータへの攻撃性緩和、そしてカックンブレーキの防止、それでいてきちんと効く、優秀なパッドです。
新車時のご用命も多く頂いています。

4620693218522410041.9cffbe4876b972b47f77b1d8e62f29c7.19120709
末永くご利用頂けるブレーキシステムが完成しました。

年末で、非常に慌ただしい日々が続いていますが、スタッフ一同全力で作業に取り組んでいます。

Written by Hashimoto