イタリア車・フランス車のメンテナンスファクトリー、レッドポイントへようこそ。

工場通信

フィアット 141panda リフレッシュ作業。PART.5

ブレーキや足廻りの部品も集まってきました。コンディションの良い固定ですが、年式相応のため、各部の部品交換を進めます。

IMG_3289

IMG_3285

IMG_3291

IMG_3448

IMG_3294

傷んだブレーキホースはステンメッシュホースに交換します。

IMG_3295

IMG_3296

ブレーキキャリパーは、ダストブーツの破れは有りましたが、汚れたキャリパー内部は、錆びが無くシールKITでの再生です。

IMG_3299

IMG_3322

ここで、部品の間違い発覚!!この個体は、マニアルトランスミッション車。セレクタ車用の部品が届いていました。マニアル車はローター径がひとまわり小さい物が正しいです。

IMG_3378

バックプレートとの大きさから、それぞれのローター径の違いがよく分かります。

IMG_3449

IMG_3240

IMG_3317

IMG_3437

同時進行で、フロントハブベアリングやサスペション交換、ドライブシャフトのオーバーホールも行います。