イタリア車・フランス車のメンテナンスファクトリー、レッドポイントへようこそ。

工場通信

ジュリエッタQVのウィークポイントはここだ

A4CACAEA-4C42-4A03-8499-5973A996E00F

ジュリエッタQVが車検整備で入庫しています。

定期的なメンテナンスを行なっているお車ですので、大きな問題はありません。

なので、予防整備の意味を込めて今後確実に問題の起きそうな冷却系統を未然に整備します。

94B13C7C-CA53-4DCC-B88C-96A7D825FC29

水冷式オイルクーラーの入り口・出口が劣化耐久性の低そうな素材で出来た配管が装着されています。

古くなると振動でポキっとクラックが入りそうな素材です。

70B37C13-8A88-4412-A63C-0D91E137354A

それと合わせて、サーモスタットとクーラントタンクも交換しておきます。

サーモスタットの内部は何故か多量な錆びが付着していました。

1B7931F2-F92F-46F2-A656-ADA2DE14752B

A7550FD3-A311-405B-BAE1-C6F7FF129E15

 

問題視したホースがこちらです。

9790B0E4-9E3F-4611-860F-78EE571F9FAE
樹脂の薄手な硬いパイプです。

蛇腹構造ですので、一本の配管に強度の強弱が存在します。

大抵の場合は、蛇腹の凹み側でポキっといきます。

エンジンの裏側まで届いています。

46904F61-4564-4B04-AF64-557509D59D0C

こういう場所は熱もこもるため、劣化の促進につながる場所です。

2D10D501-9C7D-42F3-98EA-677CDC366491

各部への接続はワンタッチ式です。

こういう構造が増えていますが、ゴムホースにホースバンドが当たり前だった頃が懐かしく、また理想的だったなと思います。

樹脂パーツの耐久性が低下する現代ですので、未然に行える事を考えながら作業を行っています。