イタリア車・フランス車のメンテナンスファクトリー、レッドポイントへようこそ。

工場通信

プジョー106のブレーキローター歪み

継続検査のプジョー106は、受入検査からスタート、SDL診断にてブレーキ性能測定を行い、ブレーキローターの不具合が確認されました。

テスター上で軽く制動を掛けた際、性能波形に上下の乱れが確認されてます。

S__14950422

制動時のハンドルの振れやや異音の原因になります。継続検査全体の概算見積りにブレーキローターの手当てを含まさせて頂きます。