イタリア車・フランス車のメンテナンスファクトリー、レッドポイントへようこそ。

工場通信

アバルトプントエボのサーモスタット交換

2020/01/22 | アバルト

C6AB5A7D-4EE8-44E8-B3EB-0181E440EBA5

12か月点検でお預かりのプントエボはタイミングベルトの交換を行い冷却水の交換を行う前にサーモスタットのも交換も行いました。

FF9444BE-4DC3-4C1E-852B-CCF50920AAC2

外れたサーモスタットは冷間時から開いたままという状態ではありませんでしたが、内部の状況から劣化が伺えます。

AC055918-3EE2-471C-8738-EF4E44FA5BC7

500などではトラブルが続出する樹脂製のサーモスタットニップルはプントエボ用では金属製で心配なしです

41C4C087-DF7A-4389-8CEA-E55F403D7801

しかし、サーモスタットに刺さるワンタッチカプラーホースは樹脂製となっており、こちらは劣化から折れて水漏れの心配がありますので新品のワンタッチカプラーに交換しておきます。

E196FB17-3DFF-4B38-AE37-F41A440D80C4

サーモスタットに刺さるウォーターパイプのOリングは劣化で硬化してます。こちらも当然交換です。

7CA30829-1B60-4DAC-98B7-7FA6B856E2E1

A4FDF216-FECF-4342-8EB6-4D6FDFF33DB2

新品と比較すると劣化具合がよくわかるクーラントタンクも予防交換を行い

01A0D63B-AF4D-4C3A-9BAF-551DA9542E46

クーラント交換を行えば作業完了です。