ブレンボキャリパ装着車には定期施工をお勧めしています。
(定番整備)


連日作業が順調に進行しているのは、基礎体力向上計画のルーテシア3RSです。その他の作業も同時進行ですので、お預かり中の皆様はご安心下さい。アッパーマウントの交換を行い、その復旧状況を確認しました。不安定な印象から一新し、乗って納得な結果が出ています。と、同時にSDLテストでは目で見て分かる違いも現れています。特にひどかった右側のアッパーマウントは、作業前のSDLではダンパーに問題があるかのようなラインを描いていました。マウントの交換後は路面粘着率の低下が改善され良い結果となっています。

乗って実感・見て納得 これぞ診断機の素晴らしいところです。

最近はブレンボキャリパが標準装備されている車両が増えてきました。と、同時にノーメンテナンスで乗っていると起こる事例も明確になってきます。

今回は問題無く分解する事の出来た、キャリパーロックピンです。ココのメンテナンスをおろそかにすると、ロックピンが固着し全く抜けなくなります。特に融雪剤散布地域で使用している車両は注意が必要です。抜けない時は本当に抜けません。キャリパが壊れる可能性も有ります。

固着を対策するには、ロックピンを抜き取りましてピンに発生している錆を除去します。

エアーツールを用いて、綺麗に磨き込みます。

スチール材ですので、アルミに対して錆が発生すると質の悪い固着を誘発します。
この後に防錆グリスを塗り、組付ければメンテナンス完了です。

ついでに、ハブフランジやディスクロータの表面の錆も綺麗にしておきます。


ハブのセンターとホイールの密着面が綺麗になり、ホイールの装着状況を適正化できます。

基本的な作業を色々と織り交ぜながら作業を進めています。

Written by Hashimoto