小排気量車の底上げには
(トルクアップの特効薬)


初期型カングーは、先日ご購入いただいた車両です。今回は継続検査の車検整備でご入庫しています。変化を楽しまれるお客様ですので、今回の整備のついでにお客様の求められる「もう少し下の力が増えたらな」を形に出来ればと思い、V-UP16を取り付けます。

オシロスコープで作業前のイグニッションコイル電圧を確認すると、しっかりと良い電圧が供給されていました。

バッテリ電圧と差の無い、安定した電圧が供給済みです。

ここにV-UP16が装着されると。

しっかりと、昇圧された16ボルトが供給される様になりました。

車検の点検作業時に気になった、スロットルボディの気密を保つためのシールリングの緩さ。ここも新しいシールリングに変更し、2次空気の混入を防ぐようにしました。

1.6DOHCがそうであるように、この頃からスロットルがはめ込み式です。エアクリーナケースに抑え込まれて抜け出てこない様になっていますが、シールリングの鮮度が非常に重要ですので定期交換をお勧めします。

Written by Hashimoto