106S16のエンジン特性に変化を付けるメカニカルチューン


タイミングベルトの無事を確認できた106S16です。ベルト交換を行うわけですが、106ならではなタイミングベルト交換の方法で変化を感じて頂こうと思います。

タイミングベルトの交換は、セオリー通りに行えばよいのですが106の場合はその際に独自の方法で味付けを変えることが可能です。
分かりやすく言うと、高回転のピークパワー発生時にもうひと頑張り出力を向上させるという内容です。

これは過去にデータ採取し、得た内容です。

まずは、セオリー通りの場合で有っても共通の基本環境を整えます。

カムプーリの内側、をキレイにします。これは106のカムプーリならではですが、ノーマルプーリがアジャスタブルプーリですので、最適な張り具合を維持する為には必須作業です。

プーリの装着される相手側のハブもキレイに整えます。

こうすることでスプロケットが低抵抗でキレイに動けるようになります。

タイミングベルトの張りを各部位で均一にする際にこの動きがとても大切です。

ベルトを取付、一端を張るとプーリー外周のみが自由に動きます。こうする事により各部のたるみを取り除きながら均一な張りを実現出来ます。


少し戻りますが、プーリーのハブにボルトをさしています。標準のタイミングで組み付ければ標準値に。この固定位置を操ることでなんとも不思議、出力アップをするという内容です。どこをどうするかは、危険を伴う為ここでは露出しませんが、オーバーラップの値を操作することでそれは可能となります。

エンジンは面白い物です。少しの変化を付ける事で、それに応えて違う表情を見せてくれます。あらゆる引き出しから、その方に合せた整備をご提案しています。

Written by Hashimoto