プジョー406 作業中の不意打ちにも在庫パーツで救われました


車検整備を進めているのは、プジョー406 2.0 です。
ラジエタの交換・タイミングベルトの交換・ドライブシャフトのメンテナンスなどなど、複数ポイントを整備しています。

ドライブシャフトについては、右の内側のブーツがパックリと口を開き、グリスが水分と混じり乳化しているのが確認できます。

ユニバーサルジョイントにダメージが生じる前の段階で良かったです。

タイミングベルトの交換を開始して、すぐに気付いたのがクランクシャフト・フロントシールからのオイル漏れです。


今が変え時ですが、ここで部品待ちになり作業がストップするのは非常に痛いです。豊富なストック部品の中を探していると。

見つかりました!

なかなか在庫で持ってるケースは少ないですが、1個だけ在庫品が見つかりました。
ストック部品に救われました。

この頃のベルトテンショナーは、オートでは無くマニュアルテンショナです。

なので、ベルトの伸びには対応出来ずにご覧の通り緩くなっています。

クランクシャフト・センターボルトのネジの入りがキツかったので、タップを通してねじ山を清掃です。M14*1.5のサイズです。常用サイズのタップではありませんが持っていると助かる道具です。

清掃後はボルトが手でスムーズに入っていく様になり、安心感が上がります。

エンジンマウントも交換し、引き続き作業を進めます。

Written by Hashimoto