プジョー・シトロエンの冷却系統の整備
水漏れトラブル多発です


フライホイールの作業を進めるDS3は、トランスミッションの不在状態で冷却系統の組替えも同時に行います。
水廻りの部品に樹脂をふんだんに使用している事と、その樹脂の劣化速度が速い事がその理由です。

樹脂部の破損により水漏れを起こす事が多いので、この機会に新調します。

破損が多いのは、サーモスタットとウォータパイプや、配管です。
エンジンの裏側に位置する場所に装着されていますので、交換作業も難易度が高めです。

エンジンルームの上側から作業を行う場合は、無理な姿勢を強いられるのですが下からの組み替えは見晴らしが良く、快適に作業を行えます。


各部の組み付けを終え、これからトランスミッションを搭載します。

Written by Hashimoto