ルーテシアⅢRSは アライメント調整

多岐に渡り作業の進む、ルーテシアⅢRSは、足廻り分解作業が行われた為、アライメント調整を行います。各部のリフレッシュが行われ、走る曲がる止まるの為に良い条件が揃いだしています。

組み上げた足廻りの再点検を行い、フロントサスペションを車両着地状態にてブッシュのストレスフリーを行い、増し締め作業を行います。

リヤ足廻りも増し締め作業を行いますが、残念な事に10万キロ以上走行の現在まで一度も増し締め作業が行われて無い様です。取り付けスクリューの六角部を見れば分かります。工具にてアクセスした形跡が有りません。取り付けトルクがかなり緩かったです。

アライメント数値もリヤサスペションに問題が有りそう。

リヤのスラスト角に大きな左右差が有り、サスペションの構造物の寸法も測り、調整作業を進めます。

 

 

各部の増し締め調整は、分解箇所の多い作業の後は大変大事になってきます。