イタリア車・フランス車のメンテナンスファクトリー、レッドポイントへようこそ。

工場通信

アルファロメオ 159 スペシャルダンパー出来ました

159のお客様よりサスペンションのご相談を頂きました。
159のTiですので、ノーマル状態で既にローダウンです。
なのですが、純正装着品ゆえに見た目が低いだけで質感低め
決してスポーティではないのですね。

IMG_2679 IMG_2678
IMG_2680
748=フル伸び寸法 748mm
617=1G寸法 617mm
伸びきり~1Gのストローク量は131mm と言うことになります。
いくらなんでも動きすぎです。
(フェンダーアーチ定点~ホイールアウターリム・ボトムエンド)

実際に乗ると、不要なまでの上下動が前後・左右から伝わってくるインフォメーションは
快適に直進し、クイックに曲がるアシとは程遠い..そんな印象を抱きます。

今回も、特注フルオーダー・スペシャルサスペンションをご用意させて頂く
流れとなりまして、製品が出来上がって来ました。
IMG_2674
IMG_2676
今回はサーキット走行は視野に入れず、ショートストロークながらも
バッツンバツンでは無い、質感の高さを最優先で作成しました。

スポーティでありながら、コンフォートに仕立てる。
もっとも高次元なバランスが必要となるセッティングです。

純正のスプリングレートがどの程度のものなか?
そこに対して、今回の希望車高・サスペンションストローク・輪重
基本データを軸に、レート・自由長の決定を行い、ダンパーセッティングを
行います。

前後のアッパーマウントは、ピロアッパーでは無く、ノーマルマウントとしました。
共に純正品にて新調します。

ノーマルアッパーマウントに適合すべく、フロントスプリングは上下異径品をチョイス。
リヤは同径直巻きスプリングとし、前後共に車高調整は全長調整にて行います。

純正ダンパーと比較すると、非常に短いのがよく分かりますが
実際にはここまで縮めて使用する事は無いです。
IMG_2682

リヤ側は、ロワアームの隙間にダンパーが納まる設計でして。
その部分が狭い為、全長調整のような構造の場合おのずと太くなるため
取付部は形状に工夫をし、非対称形状・オフセット構造とする事で
干渉する事無く装着を可能としました。
IMG_2761
そういう話を聞いてから、先ほど写真を見ると「なるほどっ」てなりますよね。
IMG_2675
非常に良い感じに納まっています。
IMG_2757
ちなみに、リヤのブレーキディスクは大径化しています。
IMG_2760

前後のフィッティングを終え、車高バランスを整えました。
IMG_2763
暗闇ですので全体の雰囲気が分かりづらいですが、かなりのワルい空気を
醸し出しています。
フロントのスポイラーが擦りそうで怖いって思いますが、純正と比較すると
リヤ側のダウン量を増やしている為、オーバーハングの長いフロントエンドは
結果的にクリアランスを稼げているのです。
IMG_2765
大径ブレーキ・大径ホイール・そしてワイドトレッド、丁度良いダウン量
ずっと眺めていたくなる仕上がりに決め込みました!

このド迫力スタイルでありながら、乗り心地がめちゃくちゃ良いのは
スペシャルダンパーだからこその成せる技です。

安心・快適に通勤から、長距離までご利用頂ける結果をご提供出来そうです。