イタリア車・フランス車のメンテナンスファクトリー、レッドポイントへようこそ。

工場通信

全塗装の出来栄えは数年後はっきりします。

年数経過と共に、塗装が褪せたり、めくれたり、色が変わってきたり...
愛しい愛車が、無惨な姿に変貌するのを見ているのは辛いもの。

当社のお客様は、1台の車に永く乗る方が多い為、10年目を迎える辺りで塗装に関するご相談を
受けることも多々有ります。

ビシッと塗装がリファインされた状態は、やはり見ていて気持ちの良いものです。

全塗装は、その時だけキレイになれば良い、というものではありません。
新車時以上の状態にしたいと思うわけです。
耐久性についても同じくです。
日本の気候状況は、塗装にとっては過酷で、輸入車の塗装は正直言って日本に向いていません。
赤色はピンクに変色したり、クリヤーが捲れたような状態になったりと、劣化状況は様々です。

小奇麗に見える車も、人の手を離れ1年間誰からも手入れをされなければ確実に艶は消え、
クリヤがはげ、変色・ひび割れといった無惨な現実が露出します。

今回ご紹介する1台は、数年前に当社の依頼工場にて全塗装を施した車輌です。
と同時に、数年前にお客様が手放され、当社に入庫している1台です。

車はプジョーN3 306 XSiです。
当社の野外駐車場で、雨風にさらされ、日差しを避けることも出来ず、過酷な環境化におかれています。
先日、たまには洗車でも、と思いボディケアを始めました。

せっかくのキレイな塗装が、この環境下では傷んだだろうな、など考えながら手入れを始めます。
当社お得意の 鉄粉除去作業~簡易コーティングまでを終えると、ビシッとキレイになりました☆

CIMG9232 CIMG9233
劣化の「れ」の字をも感じさせぬ輝きを取り戻しました。
研磨剤の入ったケミカルは一切使用していません。

何を言おうとしているか?
それは、塗装作業における下地処理~塗装に至るまでをしっかり・抜かりなく施しているから
この美しさが維持できている、という事です。

塗装の肌も非常に綺麗で均一です。
全塗装を終えた車を見たとき、パッと見が綺麗なのか、しっかり綺麗なのか、その違いによる
出来栄えの差は大きいです。

塗装作業は大きな金額が必要ですが、何年後も美しく保てるかどうか?ここも重要なポイントです。
塗装作業をご検討中の方、一度ご相談下さい。

ちなみに、当306は奇跡のコンディションです。
CIMG9235 CIMG9234
実走行距離 55854キロ !
メンテナンスはしっかりと行き届いています。

CIMG9237
なんと、5ドア 5速マニュアル!
使い勝手が良く、乗って楽しい仕様ですね。
CIMG9238
かわいそうですが、また過酷な環境にさらされます。
興味のある方、ご相談下さい。