トランスミッションを降ろし軽量フライホールの組み換えなど


まずは動力伝達装置より開始をする事になった106です。
軽量フライホイールを交えて、消耗品の交換を行っていきます。
106のトランスミッションは現代の車に比べると作業性が良いです。

永年の使用で、オイル漏れやフェーシングダストの汚れの目立つトランスミッションです。
消耗品も多く交換できるベストタイミングと言えます。

フライホイールの重量測定も行いました。


ノーマルフライホイール:5.6キロ
当社オリジナルフライホイール:3.7キロ
106のエンジン性能をきっちりと引き出す逸品です。

クラッチ交換に必要な消耗品が全て付属され、お値段は¥89.000- 税抜き です。もちろんフライホイールも込みです。

クランクシャフトシールからはオイル滲みが発生していました。


品番変更された最新型のシールに交換です。
実はコレ、現代の1.6THPシリーズに採用されているクランクシールと同じなのです。

106のミッションオイルの漏れの大半はこのセレクタレバーシールです。

ロックピンの交換も行う事で、ガタツキが無くなり操作時のフィーリングが向上します。


順調に作業が進行中です。引き続き作業を進めます。

Written by Hashimoto