106のブレーキキャリパリフレッシュとステンレスホースへの交換


プジョー106S16はすべてのブレーキキャリパのオーバーホールを行います。106のキャリパのリペアパーツは純正供給される為、良心的だなと思います。
ブレーキキャリパのオーバーホールを行いたくても、部品が供給されない為に施工できない車も多々ありますので。
当社ではその様な状況を回避すべく様々キャリパリペアキットを取り揃えています。純正設定の無い部品も対応可能です。

キャリパに沈着した汚れも、内部のシリンダやピストンも、先ずは徹底洗浄が基本です。

非常に汚れのひどかったリヤキャリパも、洗浄作業でここまで綺麗に復活します。


リヤキャリパーはサイドブレーキ機構を備える為、構造が複雑です。補修部品も、多数必要になる為コストは必要ですが、その分シャキッと蘇ります。

低ダストパッド・ディスクロータも新調し、ステンレスホースと合わせて組付けを行います。

永く乗る為の整備には多種多様な整備が必要になりますが、106はフルリフレッシュする事でこの先もまだまだ乗れます。

20万キロを走っていても、ピンピンしている車も多いです。

この後はタイミングベルトや、ラジエタ廻り、ステージ1メンテナンスなどを行います。
Written by Hashimoto