HIDコンバージョン ルーテシア3RS


ルーテシア3RSはとても良い車なのですが、唯一残念な事が。ヘッドライトがハロゲンなのです。プロジェクタ式ライトでありながらハロゲンバルブの場合、リフレクタ式よりも夜間の走行時に暗さを強く感じます。ルーテシア3RSに乗られるお客様の殆どが、40代半ば以上の方ですので夜間視力の低下に直面している方が多いです。
ヘッドライトが暗くて。。。というお声を頻繁にお聞きします。

そんな時は迷わずHIDコンバージョンをお勧めします。
プロジェクタ式ですから、光軸が散ることなくしっかりと夜間視界を確保できます。

今回はBREXのHIDコンバージョンキットを使用しました。

フロントバンパーを取り外し、ヘッドライトを取り外します。

バーナー(HIDバルブ)の装着には注意が必要です。
ルーテシア3RSのプロジェエクタライトは、H1という規格のバルブが標準です。H1バルブはハロゲンバルブの中でもサイズの小さなバルブである為、バルブ装着部の面積が小さいです。
なので小型リューターで開口部を広げる必要があります。



ここのクリアランスが狭いと、バーナーの破損に繋がります。

ヘッドライトを外したついでに、コーナリングランプとハイビームバルブ、フロントマーカーバルブ、ポジションバルブを交換しておきました。

この後、ライト光軸を調整し、夜間の試運転を行います。必要が有れば再度調整を行い、作業が完了です。
ライティング作業もお任せください。

Written by Hashimoto