ブレンボ ブレーキキャリパのリペア
オーバーホールキットも色々あります


車検整備でお預かり中のプントHGTに装着されているのは、コンバージョンキットのブレンボキャリパーです。
装着したのは何時の頃でしょうか、随分と過去の話です。

今回の点検時に発覚したのが、前輪の転がり抵抗の大きさです。
ピストンの動きが悪い事が原因ですが、その理由はシールの硬化からくるものです。

キャリパーをオーバーホールすれば大抵の場合は完治します。
問題はオーバーホールに必要なシールやピストンの入手が難しいこと。
ブレンボキャリパーを装着した車両が多い当社では、様々なキャリパに対応するオーバーホールKITを在庫しています。

大きな問題が無ければ、基本に沿った作業で正常な状態に戻ります。
まずは、対象となるキャリパを取り外し、分解・洗浄を行います。
洗浄に用いる設備は、やはりトレントです。

短時間で、細部に詰まった汚れ、油圧ラインの汚れまで取り除く事が可能です。

シールの組み替えと、必要な場合はピストンも組替えます。


ブレーキラインのエア抜きを行い、ブレーキシステムの作動確認を行い、作業は完了です。

作業後は、気になっていた引きずりが解消され、良い状態に戻りました。

Written by Hashimoto