124スパイダーにステージ1メンテナンス施工

124スパイダーにステージ1メンテナンスを施工しました。

 

施工前の電気負荷時の電圧降下の点検を行うと13.88vと他の車種と同様にバッテリー端子間電圧は低下しています。

バッテリー+ターミナルの交換、純正ターミナルには点接触していた跡が残っており交換することで接触面積を増やし電気の無駄を減らします。

ここにオルタネーターB+端子からダイレクトケーブルを引き込みました。

マイナスターミナルには電流制御ユニットがついていますのでターミナル交換は行わずボディとエンジンへのアースケーブルを追加します。

施工完了。

施工後の電気負荷時の電圧降下の数値は14.24Ⅴとかなり改善され他の車種同様124スパイダーでもステージ1の効果はしっかり発揮されます。