ツインエアー 左ハンドル 6MT 珍しい!


とても珍しい仕様の、フィアット500 ツインエアーです。
しかもボディ形状はカブリオレボディです。

今回の施工内容は、クラッチのオーバオーホールです。
ツインエアーも一部の車には、デュアルマスフライホイールが使われており、今回の車両はその仕様となります。


滅多に見れない特別な仕様にオーナーの愛情を感じます。

フロントバンパーを外し、サブフレーム廻りを分解します。

バンパーを取り外した際に、気になったのは。
ハイビームライトの固定部分の接着が剥がれていたこと。

樹脂バンパーに樹脂のベースブラケットが接着で固定されているのですが、そこがベロンと浮き上がっています。
組み付け前には補修を行っておきたいと思います。

トランスミッションを降ろし、内部の状態をチェックします。

車体番号からのリサーチで、この車にはデュアルマスフライホイールが装着となっていましたが、本当に間違いが無かったです。
そこを確認し、一安心です。

まずは取り外した部品の洗浄を行います。

サブフレームとトランスミッションが綺麗な状態になりました。

この後、フライホイールの交換・クラッチの交換作業を進めていきます。

Written by Hashimoto