156JTS新車から初のタイミングベルト交換


走行距離が4万キロ台と少ない156JTSです。
まさかと思いながら、作業を進めているとそのまさかです。新車からなんと未交換でした。

未交換を決定づけるのが、タイミングベルトテンショナです。

取り外したテンショナは、ベルトのかかる部分が初期のタイプで樹脂製なのです。新たに使用するのはその部分が金属製に変わった物です。その昔、樹脂製のテンショナが粉砕しベルト切れに至ったケースを何度か見ていますので、このタイミングで交換が出来て本当に良かったです。


2リッターの場合、バランスシャフトが組まれていますので、そのベルトとテンショナも交換します。

SSTをセットし、各部の組み付けを行います。

そうそう、この時に分かるのが過去のオイル交換管理です。JTSエンジンの場合は、エンジンオイルが非常に汚れやすく、特性上仕方ない所も有ります。なのですが、今回のエンジンはJTSのそれを全く連想させない程に美しいカムシャフト廻りでした。過去のオーナー様のオイル管理状況が素晴らしかった以外に理由は見当たりません。
これからもこの状態を維持して頂きたく思います。

Written by Hashimoto