イタリア車・フランス車のメンテナンスファクトリー、レッドポイントへようこそ。

工場通信

アバルト595 はステージ1メンテナンスの施工です。

IMG_7557
サスペンションの整備と、ステージ1メンテナンスで入庫しました。アバルト595のご新規様車両です。ステージ1メンテナンスについては、入庫車両の全車に施していますが常々感じるのはその必要性です。何度施工しても、改めて実感する重要性を感じます。

なんせ標準のバッテリ周囲の環境が悪いのです。
IMG_7556
配線の細さと、接続状況の曖昧さを痛感する次第です。
IMG_7560
ご覧の様にターミナルの内面が綺麗なうちはそれほど大きな問題は起きませんが。。この部分に発熱を繰り返すことで起きてしまう電圧ロスの悪循環。。早いうちに手を打つのが正解です。

マイナスケーブルの標準品と、今回取り付けるケーブルの違いに注目。
IMG_7561
ケーブル断面積がまるで違います。また。使用する銅の素材も吟味しています。

吟味するのは素材のみならず、その圧着の方法です。あまり見かけることは無いと思いますが、この様な手法で圧着しています。

電動油圧圧着です。これにより、スピーディにかつ、強固な圧着が可能です。

各部にマイナスとプラスのケーブルを張り巡らせて、ターミナルを交換します。
IMG_7563
これにより、大幅に電圧ロスに対しての対策が可能です。バッテリが長持ちする様になるのは言うまでも無く、何よりも供給電圧の安定化が可能です。

最後に充電回路のレポートをとり、終了となります。
IMG_7565
IMG_7564