イタリア車・フランス車のメンテナンスファクトリー、レッドポイントへようこそ。

工場通信

ビルシュタイン 車高調整式にピロアッパー1作目のフィッティングを行いました

先日の題材の続きです。
1作目が代車のパンダから外れましたので、次は車高調整式の足回りとの相性をテストします。

テストを行なう足回りは、ビルシュタインBSS で、車輌は500の1.2Lです。
組み合わせると、見た目にもなかなかの物になります
CIMG9996 CIMG9998
ストック状態のスプリングでどこまでいけるのか?!

CIMG0007 CIMG0006
スプリングのアッパーシートは、専用設計品に変更します。