イタリア車・フランス車のメンテナンスファクトリー、レッドポイントへようこそ。

工場通信

プジョー106&シトロエンSAXO 用フルアジャスタブル スロットルペダル 完成!数量限定

やっと出来ましたよー!
めちゃくちゃ贅沢なスロットルペダルが!

10月前半に試作品の記事を投稿してから2か月と少し経過していますね。

この商品、お問い合わせの件数が非常に多く、皆さんに気にして頂いているのがよく分かります。

試作品で改善点を拾い出し、さらなる完成度を実現し、いよいよ市販化です。
RIMG3891
試作品とはペダル本体のデザインを変更しました。
106にはOMPのOA1000を取り付けている車輌が多いので、そのデザインに似せました。
ペダル自体を左右に調整する機構が、試作段階ではカラーによる調整方式でしたが
ここもカラーではなく、スライド方式を採用しました。
RIMG3897
簡単に左右のセット位置が調整可能となりました。

ペダルの角度も自由自在です。
RIMG3894
RIMG3903 RIMG3904
RIMG3901 RIMG3902
RIMG3907 RIMG3906
各部の調整可能箇所を数えると、一体どれだけできるの?ってくらいに動きます。

ドライバの体系や運転のクセ、あらゆる条件にフィットさせることが可能なペダルです。

エンジンと室内を結ぶケーブルはここでクランプします。
RIMG3900
ここの形状も少し変更しました。

稼動部の要、ベアリング部です。
RIMG3910
内部のボールベアリングはミネベア製です。
ペダル全体のアルミ削り出し部分の素材は、17Sを使用しています。

至れり尽くせりなスロットルペダルが完成しました。

材料費・加工工程・加工費用・アイデア費・調整可能数・見た目の凄さ・精度
これら全てを普通に計算すると一体幾らになるのでしょう。。。

フルアジャスタブルペダル一式 10万円!と言っても通用しそうな商品です。
売れるかどうかは別として。

で、算出した金額は?

106&SAXO フルアジャスタブルペダル ¥36000-(税別)
初回限定数量 5台分!
RIMG3891
いかがでしょう?皆さん。高いか安いかは実物を手にとってご確認下さい。
今回の制作を請け負ってくれたのは、言わずと知れたマエカワエンジニアリングさんです。

物造りを趣味とするマエカワさんならではの出来栄え、そして価格設定だと思います。
ありがとうございました。

実物は、当社フロントに展示中です。
RIMG3949
調整用のレンチも置いていますので、実際に調整機構も触っていただけます。
RIMG3952 RIMG3951

取り付けご予約受付を開始しました。
今年中に取り付けをご希望される方は、お早めにご予約をお待ちしています。

ご予約・ご相談は、電話 058-370-5064  もしくはお問い合わせフォームにて受付中です。