イタリア車・フランス車のメンテナンスファクトリー、レッドポイントへようこそ。

工場通信

プジョー206のアイデアパーツ・ステアリングポジションをもっと下げたい方へ。

新型車のパーツ開発も大切です。
でも、まだまだ現役!という世代の車のパーツだって、お客様からのリクエストがあれば考えます。

今回は、プジョー206のアイデパーツをご用意しました。

206の場合、ステアリングコラムに備わるチルト機構の稼動範囲に限りがあります。
チルトを目一杯下げても、バケットシートの装着によりもう少しハンドルを下げたい!という方。
バケットは入れてないけど、ハンドルが高い。。。という方。
小柄な日本人は、ヨーロッパ車特有の操作系レイアウトが体系に合わないケース多いですよね。
どこかを合わせると、何かが合わなくなる。と言ったように。

そこで考えたのは、206のステアリングポジションをもっと下げる為のパーツです。
CIMG0777
これがその便利アイテムです。
右ハンドル・左ハンドル共用で、取付面を裏返せばどちらのハンドル位置にも対応します。

取り付けに至るまでの分解箇所は若干多いですが、画像の箇所に取付ます。
CIMG0785 CIMG0786
左:ココに
右:こんな感じで取り付けます。
そうすると。

ステアリングコラムシャフトがプレートでオフセットさせた分、下がります。
もちろん、その状態でのチルトも稼動しますので、最大限に下げると結構な量が下がります。
CIMG0789 CIMG0790
左:チルト最上部
右;チルト最下部
イメージとしては、ステアリングに腕の角度を自然な状態で手を掛けれる様になります。
体の正面にステアリングが向く為、操作フィーリングは良くなります。

ステアリングホイール装着状態でのイメージはこんな感じです。
コラムカバー(ウィンカーやワイパーのレバースイッチが生える部分)の上部隙間にプレートが顔を
覗かせます。
製品版は、カラーアルマイトと、ロゴをあしらおうかと思案中です。

CIMG0792 CIMG0793

CIMG0795 CIMG0796

ドラポジ、大切です。
妥協ではなく、納得のポジションで運転したいですからね。
CIMG0797

製品化は限定生産で少数を考えています。
ピンッときた方からのご予約も承ります。

ご相談お待ちしています。