プジョー106S16が欲しくなる動画


永かったメンテナンス期間を経て、リフレッシュメンテナンスを終えたプジョー106です。
仕上がった車に、最終確認の為に試運転を重ねるのですが、思うのはやっぱり106って良い!という事。
900キロ台の軽量ボディに自然吸気1600ccパワーユニットは120馬力を越えるという、この時代ならではのスペックです。
いまだ強い人気を誇る理由も納得です。

106s16が欲しいな、とぼんやりと考える方に物欲を掻き立てる動画をどうぞ。

電子スロットルでは無く、ワイヤー式スロットルですのでアクセル操作に対する反応が良いです。
シンプルでアナログなメータパネルは、現代車と比べると派手さがありませんが、視認性の良さと必要情報の得やすさが光ります。

エキマニ・吸気はノーマル
センターパイプはストレート
そしてテールサイレンサを換えると、乗っていて楽しくて仕方ない車になります。


各部の最終仕上げと調整を行い、来週の納車に備えます。
良い車に仕上がりました。
Written by Hashimoto