イタリア車・フランス車のメンテナンスファクトリー、レッドポイントへようこそ。

工場通信

プジョー508SWを男前に仕立てました

2013/07/27 | プジョー

本日は大人の香り漂う車「プジョー508」をご紹介

実は当社でこの車を扱うのは初めてです。
興味深く各部を見させていただきました。

最近のプジョー・シトロエンは全てのモデルを1.6Lエンジンに統一し(208を除く)
ハイパワーモデルにはターボを搭載するという手法ですね。

508は従来通りならば、3.0L V6ユニットを搭載するはずのクラスですので
1.6Lターボで、この車の良さが引き立つのか?と思っていました。

ところが、電子制御の味付け・ATのかしこい制御 この抜群のバランスが
見事にその思いを反する仕上がりを実現しているではないですか!

大排気量は不要。そんな時代なのですね。

トルク不足を感じる事なく、ターボ特有の味付けでもなく、実にシルキーに感じました。
だから 1.6Lターボに統一したんですね。

今回ご依頼を頂きました内容は、アルミホイール&タイヤ交換とローダウン作業です。

チョイスしたホイールはOZ Italia150 の19インチです。
そこへ組合わされるタイヤは RCZ マニュアルモデルと同一の 235/40-19 です。
そして、ローダウンは アイバッハ製スプリングを組み込みます。
もちろん仕上げには4輪トータルアライメントも施工します。

このイタリア150、色々とありまして..
カタログには掲載されていないモデルなのですね。508用が。
カタログ外モデルという事になります。
フロントフェンダーが外が張り出した車では無いため、オフセット値とホイール幅
の都合上、一歩間違うとはみ出す。そんなリスクもありました。

注文前に、測定・暫定フィッティングを行い念には念を入れ発注にいたりました。
確定オーダー商品ですから、万が一の場合返品できませんからね。

まずはホイールを組み付けます。出面はクリアできました!安心です。
その後、各フェンダーに寸法をマーキングし、サスペンションの交換に移ります。
腰高な印象がぬぐえませんね。
CIMG0531CIMG0535

CIMG6175CIMG6173
スプリング交換作業は写真が無いため、引き続いてのアライメント作業です。
508はすごいですね。調整可能箇所が豊富!すき放題調整可能です。

CIMG61781G状態でのストレス抜きも怠りません。
この写真で見える範囲ですと、丸印の部分が
ストレス抜きの対象箇所です。
ブッシュにかかるストレス、早めに取り除きましょうね。
早期劣化を招きますよ。

アライメント前
4輪アライメントの結果はこんな感じです。
今回は、リヤのトー値に重点を置きました。
サイドスリップ値もかなり大きな値を示していましたので
転がり抵抗の低減と、燃費向上を目指し数値を
作っていきます。

アライメント後リヤのトー値は、ずいぶんと減少させる事が出来ました。
合わせてスラスト角も理想的な角度に仕上げました。
左流れの主な原因はリヤのスラストですからね。
しっかりと合わせて行きたいところです。
そういえば、以前に比べて当社にアライメント依頼の
作業が増えています。遠方からのお問い合わせは
本当に多いです。
それだけアライメントという言葉が浸透してきたのですね。
FF車のリヤ側の調整値、これには自信があります。

beforeafter
ボディカラーの影響か、ダウン寸法ほどの視覚効果が写真では分かりづらいのですが
車全体を見たときのスマートさとかっこよさが格段に違います。
程よいローダウンですね。
やはり、車をかっこよくするにはホイールと車高バランス これは鉄則ですね。

せっかくですから当社のデモカージュリエッタ(Italia150装着)とのツーショットも。
CIMG6179CIMG6190

CIMG6182CIMG6185
尖ったデザインの中にも上品さを醸し出す洗練されたデザインは
やはりイタリアンメーカーならではですね。