イタリア車・フランス車のメンテナンスファクトリー、レッドポイントへようこそ。

工場通信

アルファロメオの水周り整備

走行距離10万kmのアルファロメオ147の水周り整備を行いました。
この車両、冷却水の交換を長い間していなかったため、
防錆効果が低下してしまっていました。

IMGP1808

エンジン内部を回っている水がこんな状態では、正常な冷却効果は得られません。
ラジエーターへの経路を開閉するサーモスタットも開きっぱなしになっていました。
このままでは水温が上がりきらず、エンジンを適正な温度に保てません。
オーバーヒートはもちろんNGですが、
オーバークール(過冷却)もエンジンにとっては頭の痛い問題なのです。

IMGP1806

サースタットを交換し…

IMGP1804

サビ混じりの水で劣化してしまった冷却水タンクも交換します。

IMGP1811

冷却水もしっかり入れ替えを行って、見た目にもきれいですね!