イタリア車・フランス車のメンテナンスファクトリー、レッドポイントへようこそ。

工場通信

ポキポキ折れるんです…

IMGP1997

何がって…フィアットの水周りのパーツがですよ…

エンジン冷却水を交換しようとしてホースを外そうとすると「ポキッ」…
狭い場所に手を入れて作業していると「ポキッ」…
注意をしていても折れる時は折れるのですが…
あまりにポキポキされると心も折れます。

IMGP2000

そんな時の強い味方がSessAオリジナル「アルミサーモユニオンです!
サーモスタットからヒーターへと向かうホースの差込部分をアルミ製のユニオンに変えることで、
耐久性を大幅に向上させることができます。
折れた場合の補修用としてはもちろんのこと、新品のサーモスタットに組み込むなど、
コストパフォーマンスの高い部品です。
折れた時にはもう遅い…な部品ですから、冷却水と同時に予防交換してしまうのがベストですよ!