イタリア車・フランス車のメンテナンスファクトリー、レッドポイントへようこそ。

工場通信

アルファ・セレスピード しっかり治すなら今が一番かもしれません

セレスピード、このシステムが壊れたら・・。
と悩むユーザー様が多いのは私どももよく理解しています。

ゴーストップの多い交通事情の中で酷使されたクラッチは8万キロ手前ではペラペラに
減ってしまい、アクチュエータやポンプの作動も怪しくなってしまうのが大抵のパターンです。

セレスピードシステムを交換すると、非常に高額修理となってしまうというのは有名な話ですが
最近は価格の見直しが成され、現実的な価格で部品が供給されているのをご存知でしょうか?

セレと言えばコレ。
RIMG1085
クラッチ操作と、ギヤ変速を行うアクチュエータです。
システムの中で最重要部品とも言える部分です。
価格の最も高騰した時、この部分が¥298000-でした。
合わせて、油圧ポンプは¥88000-も必要な場合もあるわけで、合わせると40万近い
パーツが必要になる事も。
修理を諦めざるを得ない方も多かったのではないでしょうか。

ところが、現在の価格は
上記のアクチュエータ ¥298000-⇒¥90000-
油圧ポンプ ¥88000-⇒¥40000-
素晴らしい値下げです。
これなら、クラッチも交換し、アクチュエータを交換してこの先乗り続けよう!という気にさせてくれますね。

ちなみに、今回交換したクラッチはペラペラでした。
RIMG1092 RIMG1090
クラッチカバーの状態も消耗が非常に激しかったです。
RIMG1089

半クラが実にヘタクソで、乗りづらい極みを感じていましたが、非常に乗りやすくなっています。

セレを活かすも殺すも、やはり大切なのは電気の整備です。
RIMG1077 RIMG1076
プラスもマイナスも合わせて強化する事で、システムの作動を始め、車を巡る電気が元気になります。