イタリア車・フランス車のメンテナンスファクトリー、レッドポイントへようこそ。

工場通信

プジョー307のブレーキホースは、要チェック!!

法定点検にて、分解整備記録簿にブレーキホースの点検項目が有る事は皆さんご存知でしょう。

名称未設定 1
走行距離の多くなったプジョー307のフロントブレーキが大変危険です。当社は、全ての点検作業は、見た目にて判断せず疑いを持って点検しております。
完成度の高い現代の車に疑いの目を持つ事も大切かと思います。経過年数を増した車両は更に高度な点検診断が必要です。

IMG_1299

IMG_1302

ブレーキホース金属部の被せられたラバーが気に成ります。

ブレーキキャリパーブレーキホース金属部が保護ラバーの影響で湿気が溜まりご覧の様になっております。プジョー307に限らずシトロエン車も要注意です。

一世代前のプジョー306は、キャリパー側で無く、車両パイピング側に保護ラバーがホースに付いてたはず、今回の様にキャリパー側に保護ラバーが付いていたら注意して下さい。