イタリア車・フランス車のメンテナンスファクトリー、レッドポイントへようこそ。

工場通信

アバルト595 トルクアップに最適なのはやっぱりコレでしょ!

昨年、新車販売をさせて頂いた車両です。
今回は12ヶ月点検でのご入庫でした。
RIMG4341

少しづつ、各部のモディファイを進行している1台です。
お客様の声を聞きながら、それについての改善をご提案しています。

今回は、新車から1年が経過し、乗り慣れてはいるのですが「もう少し低回転時の力が欲しい」との事。
小排気量ターボ車にお乗りの方なら、誰もが思う事だろうなと思います。

ターボが効く領域まで回れば、そこからは楽しいに尽きるのですけどね。
でも、毎回ぶん回してたら免許がいくつあっても足りないって事なので。

普段はエコに徹するのもありかと。

そんな乗り方をお望みの方に、レッドポイントが自信を持ってお薦めするのが
コレです。
RIMG4337
V-UP16ですね。
当社での装着実績は数え切れない程ですから、効果の程はお墨付きです。
工場通信にもV-UP16専用ページがありますよ。

(イグニッションコイルに供給する電圧を昇圧する事により、いかなる状況下でも16ボルトを
供給します。
それにより、コイル内部で増幅された点火エネルギーがスパークプラグより勢い良く
力強い火花を飛ばします。

その結果、燃焼時の火炎伝播力を大きくし、燃焼効率を上げます。
消費する燃料の量には変化はありませんが、同じ量の燃料を効率的に使うという
言い方がこの場合は正しいですね)

アバルト500に付けようと思うと、装着場所には悩みます。
空きスペースがほぼ無いですからね。

ってなわけで、装着位置はココにしました。
RIMG4336 RIMG4334
エンジンルームの前方、ブローオフ配管の側です。
ラジエタコアサポート上部の、既存の穴を使い、専用アルミステーを介して装着しています。

今後のメンテナンス性の妨げにもなり難いと思い、ココにしました。

アバルト500のコイル配線へのアクセスと、接続は他車に比べると少々難しいのですが、
結線は確実に行います。
万が一のV-UP16本体のトラブル時に、簡単にノーマルに復帰できる様に配線を取り回します。
RIMG4340
分かり易い位置に、入出力の端子を備えています。
赤色は、車側からのIG電源
橙色は、V-UP16からの昇圧電源
赤色と橙色を繋ぎ合わせると、元に戻ります。

浸水などの事が無い限りは、その作業は不要ですのでご安心下さい。

V-UP16についてのご相談、取り付けご予約お待ちしています。

前回の入庫時には、リヤ・ビッグロータKITも取り付けさせて頂きました。
RIMG4343
こちらの商品、ブレーキ性能の向上はもちろんの事、見た目もグンッとカッコよくなります!